更新テキストの自動反映機能の設定方法

2017年8月21日 | 森下奈緒

シェアする

  

更新テキストの自動反映機能とは

Webサイト上で更新されたテキストをshutto翻訳側で探知し、多言語対応ページに自動翻訳を適用、反映する機能です。テキストの更新毎に管理画面で翻訳設定を行う必要がないため、多言語サイトの運用が楽になります。
ビジネスプラン、エンタープライズプランのみご利用いただけます。

仕様について

shutto翻訳のクローラーが(管理画面にページ登録されている)Webページを巡回し、新しい文章を取得、自動翻訳を適用、反映します。テキストが自動反映されるタイミングは、ユーザーが対象ページ閲覧時、shutto翻訳管理画面内で編集ページにアクセス時の2パターンです。

1. 管理画面の設定を行う

① サイト設定画面で、自動公開・自動ページ登録の「変更」ボタンをクリックします。

② 「自動翻訳を公開する」にチェックし、変更ボタンをクリックします。

 

2. 更新テキストに対し、自動翻訳が適用されることを確認する

① テキストが更新されたページにブラウザでアクセスします。

更新テキストに対し、自動翻訳が適用されていることを確認してください。また、この際ページにshutto翻訳導入タグが入っていることを確認してください。導入タグが入っていないとテキストの自動反映機能が適用されません。

ライター

2010年株式会社イー・エージェンシーにWEBディレクターとして入社。現在は、スマホ変換サービス「shutto」、Webサイト多言語化サービス「shutto翻訳」の企画・開発をしています。

ご利用まではカンタン3ステップ

  • STEP 1

    アカウント登録

  • STEP 2

    翻訳設定

  • STEP 3

    公開

多言語コミュニケーションをもっと簡単に
まずは無料アカウント登録から