コンテンツ編集機能について

2018年5月10日 | 吉田愛理

シェアする

  

コンテンツ編集機能とは

機能について

管理画面から対象のページのコンテンツを編集することができます。CSSとHTMLを編集・追加することができるので、単語数などの関係で崩れてしまったレイアウトや翻訳したページのリンク先の変更をスムーズに編集対応することができます。

仕様について

ビジネスプラン以上をご利用のお客様に対応します。適用プランの場合、通常の編集画面の右上にある「コンテンツ編集」という部分を選択していただくことで編集が可能となります。編集すると即時に反映されるので、左側のプレビュー画面にて反映内容を随時ご確認いただけます。

1.管理画面上で該当するコンテンツを編集する

① 右上の編集機能モードボタンをクリックする。

② 左のプレビュー画面から編集したい部分を選択する。

③ 右の編集画面にてコンテンツを編集する。

※上のキャプチャでは選択した部分を赤文字に変更しています。
※その他、文字の大きさの変更や、選択部分の表示/非表示設定、CSSやHTML要素の追加編集を行うことができます。

編集内容の詳細について

①対象要素
左のプレビュー画面で選択したコンテンツの対象要素が、青色に選択されます。
また、選択したコンテンツの対象要素の上の階層がグレーで表示されるため、グレー部分をクリックしていただくことで対象箇所を選択することができます。さらに、対象要素枠内の「編集」をクリックすると、編集したいコンテンツの対象要素を手入力で編集できます。

②このページのみ編集/対象要素がある全ページで編集
編集した内容を適用する範囲を選択できます。「対象要素がある全ページで編集」を選択すると、同じ要素が他のページである場合、その全ページが翻訳対象となります。

③表示/非表示
選択したコンテンツの表示/非表示を選択することができます。

④文字の色
選択したコンテンツのテキスト文字の色を編集することができます。
枠内をクリックするとパレットが表示され、色を選択することで文字色を変更することが可能です。また、色コードを入力することでも文字色を編集することができます。

⑤フォントサイズ
選択したコンテンツテキストのフォントサイズの数字を入力することで変更することができます。

⑥ソースコードの編集・追加
CSSとHTMLを記入することで翻訳で崩れてしまったレイアウトを調整できます。
CSS部分の枠内を編集することでスタイルの変更や追加ができ、HTML部分の枠内を編集することでHTMLの追加を行うことができます。HTMLの編集においては、追加内容を選択した対象要素の「直前」と「直後」に追加することが可能です。
例えば、崩れたレイアウトがある場合、CSSを使って修正し、またはHTML追加によって、多言語化用のオリジナルの要素を付け足すことが可能となります。

-CSS
現在選択されているWEBサイトのHTLM内の対象要素が、グレー文字として表示されています。
かつ()の中の数字は対象要素の表示順序を表しているので、その対象要素に対するスタイルの設定を行います。

-HTML
選択されている対象要素の「直後」もしくは「直前」に要素を追加することができます。

④ 「保存」もしくは「公開」ボタンをクリックする。

 

2. 設定済みのコンテンツ編集が反映されていることを確認する

① テキストが更新されたページにブラウザでアクセスします。

更新テキストに対し、自動翻訳が適用されていることを確認してください。また、この際ページにshutto翻訳導入タグが入っていることを確認してください。導入タグが入っていないとテキストの自動反映機能が適用されません。

ライター

shutto翻訳のサービスサポート担当。 サポートをする傍ら、企画開発に携わり、shutto翻訳がお客様に使いやすいツールとしてご利用いただけるよう、日々奮闘しています。

ご利用まではカンタン3ステップ

  • STEP 1

    アカウント登録

  • STEP 2

    翻訳設定

  • STEP 3

    公開

多言語コミュニケーションをもっと簡単に
まずは無料アカウント登録から

shutto翻訳をお客様に提案しませんか?
販売代理店募集中