アカウント登録から公開までの翻訳設定の流れ

下記の手順でサービスをご利用ください。

アカウント登録(無料)をします。アカウント登録をすると、無料トライアルとして30日間無料でshutto翻訳の機能をお試しいただけます。無料トライアルで利用できる機能

アカウント登録(無料)

※ 原則として、1つのアカウントで登録いただけるドメインは1ドメインのみです。開発環境で複数のドメインを登録する必要がある場合は複数ご登録いただいて構いません。
※ 複数の翻訳元言語を登録する場合は、複数のアカウントを作成してください。
※ 複数の翻訳先言語の登録は、アカウント登録を行いプランアップグレード後に対応できます。(ビジネスプラン・エンタープライズプランのみ)
※ 過去にshutto翻訳のサービス内で登録済みメールアドレスは入力できません。

翻訳を行いたいページを登録します。「ページ登録」ボタンをクリックします。

翻訳対象ページのURLを入力し、「ページを登録する」ボタンをクリックします。登録対象ページは、右側のページリストからも選択することができます。また、登録したページは、タグ機能によってまとめて管理することができます。例えば、ディレクトリ単位でまとめたり、本番環境と開発環境で別タグにまとめて利用することができます。

自動翻訳が適用され、ページの登録ができました。ダッシュボードに登録済のページ一覧が表示されます。

  
 
<便利機能> ページの自動登録機能・更新テキストの自動反映機能について

管理画面から翻訳対象ページを1ページずつ登録する手間をかけなくても、shutto翻訳導入タグをWebサイトに挿入するだけで自動的にページ登録を行い、テキストに対し自動翻訳を適用、反映する機能をご利用いただくことができます。一ページずつページ設定を行ったり、テキストの更新毎に編集を行う必要がないため、大規模サイトなどページ数の多いサイトの多言語対応に便利な機能です。
ビジネスプラン、エンタープライズプランのみご利用いただけます。
ページ自動登録機能の設定方法はこちら
更新テキストの自動反映機能の設定方法はこちら

翻訳方法には、「自動翻訳」「プロ翻訳」「セルフ翻訳」の3つの翻訳方法があります。
ページ単位、または文章単位で自動翻訳、プロ翻訳、セルフ翻訳を組み合わせて利用することで、より翻訳コストをかけずに高品質な翻訳サイトを作成することができます。自動翻訳・プロ翻訳・セルフ翻訳の詳しい説明をみる

ダッシュボードのページ一覧から翻訳したいページを選択します。

編集画面で自動翻訳適用結果を確認します。自動翻訳は精度が高くないため、修正が必要な場合は、セルフ翻訳、プロ翻訳を組み合わせて利用しましょう。自動翻訳の詳しい説明はこちら

編集画面を開きます。

テキスト、HEADに表示される文章について

<テキスト>
ウェブサイト本文(bodyタグ内)のテキストの自動翻訳結果を確認できます。通常テキスト、ALT(画像の代替テキスト)文を含みます。

<HEAD>
ウェブサイトのheadタグ内の自動翻訳結果を確認できます。主に、Title、Description、Keywords、OGPタグが該当します。

自動翻訳済テキストの修正と多言語ページ用の画像の置換をご自身で対応いただくことができます。
セルフ翻訳の詳しい説明はこちら

修正したいテキストをクリックします。

テキストを修正し、「保存」ボタンをクリックします。

テキストが修正されました。

置換元の画像をクリックします。

置換用の画像をアップロードし、「保存」ボタンをクリックします。

画像が置換されました。

テキストをプロに翻訳依頼を出すことができます。プロ翻訳は、翻訳依頼、支払い、確認、ウェブサイトへの公開までのフローが管理画面内でシームレスに行えるので作業・調整コストが大幅に削減できます。プロ翻訳は、エントリー版、ビジネス版をご利用の方のみご利用いただけます。プロ翻訳の詳しい説明はこちら

プロ翻訳の依頼フローを見る

翻訳設定が完了したら、ウェブサイトにshutto翻訳用の導入タグを埋め込みます。

左カラム「サイト設定」をクリックし、「導入タグ」をコピーします。

ウェブサイトのheadタグ内にコピーした導入タグを埋め込みます。導入タグは、shutto翻訳を適用させる全ページに埋め込みます。デバイスごとにソースコードが異なる場合は、全デバイス用のソースコードのheadタグに埋め込みを行います。GoogleタグマネージャのカスタムHTMLを利用して、shutto翻訳タグを一元管理することもできます。

※ ご自身でウェブサイトを管理されていない方は、ウェブサイトを管理されている方に作業をご依頼ください。
※ headタグにタグを埋め込みを行うことができない場合、bodyタグにも埋め込んでいただくことは出来ますが、動作保証対象外となります。

翻訳言語切り替えバーの表示位置を変更します。

左カラム「サイト設定」をクリックし、「言語切り替えバー」にある「変更」ボタンをクリックします。

お好みの表示位置を選択し「変更」ボタンをクリックしたら変更完了です。

shutto翻訳編集画面で行った翻訳設定を公開します。「未対応」ラベルがついたページがあると、ウェブサイト上に反映、公開を行うことができませんのでご注意くだささい。

編集画面を開き、「公開待ち」ボタンをクリックします。

「公開待ちリスト」内の文章を全て選択し、「公開する」をクリックし公開を完了します。

公開が完了しました。ダッシュボードで「未対応」ラベルが消えていることを確認してください。

ウェブサイトにアクセスし、shutto翻訳用のウィジェットが表示されていることを確認します。ウィジェットで翻訳先の言語へ切り替えを行い、翻訳設定の反映が確認出来たら、公開完了です。

<PCの場合>

<スマートフォンの場合>

ご利用まではカンタン3ステップ

  • STEP 1

    アカウント登録

  • STEP 2

    翻訳設定

  • STEP 3

    公開

多言語コミュニケーションをもっと簡単に
まずは無料アカウント登録から