海外SEO機能のご利用方法

2018年5月17日 | 吉田愛理

シェアする

    

海外SEO機能について

機能について

海外SEO機能を設定いただくと、国内の検索だけでなく、海外の検索エンジンの検索結果へインデックスさせることが可能となります。shutto翻訳上で登録したページを、海外検索エンジンの検索結果へ簡単に反映することができるため、海外からのアクセスも期待できます。

仕組みについて

shutto翻訳の通常の動作では、ページロード後にjavascriptを使って、文章を別の言語に入れ替えております。そのため、javascriptを理解しない検索エンジンのクローラは、翻訳後の内容を拾うことができません。しかし海外SEO機能を使うことで、javascriptを使わずに翻訳を行えるようになるため、全てのクローラに翻訳後の内容を提示することが可能となります。
簡易的にいうと、お客様のサイトを丸ごと複製して翻訳し、それをshutto翻訳で用意したサーバで配信する仕組みとなっております。

仕様について

全プランをご利用のお客様に適用が可能です。海外SEO設定をしたドメインは、弊社が用意したドメインとなります。(今後、改修予定)また、翻訳ページの初回アクセス時、元の日本語ページをクロールし、その内容は最大24時間キャッシュされる仕様となっております。

1.管理画面の設定を行う

①左メニューの「サイト設定」より、海外SEO機能の「変更」ボタンをクリックします。

②概要を確認し、「次へ」をクリックします。

③海外SEO設定の対象となるサイトのドメインを選択します。

④「サイトの保有権が確認できました。」という文章が表示されたことを確認し、「次へ」をクリックします。

 

※エラーの場合

「サイトの所有権を確認できませんでした」という文言が表示されます。サイトに導入タグが埋まっているかを確認し、再度実行をお願いいたします。

⑤海外SEO設定を利用して配信する翻訳先言語が選択されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

⑥「対象ドメイン」「配信言語・ドメイン」を確認し、「この内容で保存」をクリックします。

⑦完了画面となり、海外SEO設定が完了します。

 

2. ダッシュボードにてSEO機能が設定されていることを確認する

①ダッシュボードに戻り、登録ページごとにSEOのマークがついていることを確認します。

ライター

shutto翻訳のサービスサポート担当。 サポートをする傍ら、企画開発に携わり、shutto翻訳がお客様に使いやすいツールとしてご利用いただけるよう、日々奮闘しています。

ご利用まではカンタン3ステップ

  • STEP 1

    アカウント登録

  • STEP 2

    翻訳設定

  • STEP 3

    公開

いまだけ30日間無料トライアル実施中!
いますぐあなたのサイトを多言語対応しましょう。