ページテンプレート設定機能の設定方法

2017年8月22日 | 森下奈緒

シェアする

ページテンプレート設定機能とは

1設定で複数ページの翻訳設定を適用することができます。パラメータ違いの同一ページを同じページ設定として適用したり、正規表現を記述することができ、ページ設定が適用される条件を細かく指定することができます。

<ページ適用条件について>

  
URLが一致(クエリパラメータを除く/含む):?以降を除いたURLが一致

「クエリパラメータ部分を除いたURLが一致」もしくは「クエリパラメータ部分を含むURLが一致」という設定を選択していただくことが可能となります。これにより、クエリパラメータ違いの同一ページを同じページ設定として適用することができます。


正規表現での部分一致設定

上記、パラメータ違いの同一ページを設定と、さらに正規表現の設定が選択可能となります。正規表現を記述することで、ECサイトなどの商品一覧ページや詳細ページなどの翻訳設定においても簡単にページの管理、設定が行えるようになります。

1. ページ設定を行う

① ダッシュボードのページ設定内の「設定」リンクをクリックします。

② ページ設定の「このページ設定を適用する条件」の該当箇所を選択する。

③ ページ設定の適用条件を指定します。

<ページ設定の適用条件について>

ページテンプレート設定機能には、以下の3つの設定方法があります。

   A. URLが一致(クエリパラメータを除く):?以降を除いたURLが一致

クエリパラメータを除いたページURLが一致する場合のみページ設定が適用されます。デフォルトではこの設定が適用されています。

   B. URLが一致(クエリパラメータを含む):?以降を含めたURLが一致

?以降のクエリパラメータが異なる場合でも、同一のページ設定として登録します。
広告設定で一つのページURLに複数のパラメータを割り振っている場合や、ECサイトで一つのページに対しユーザ毎に固有のパラメータを割り振っている場合にこの設定を適用することにより、一つのページとして認識されるため、ページの管理が行いやすくなります。

  C. 正規表現での部分一致設定

URLが正規表現で入力した内容と一致した場合のみページ設定が適用されます。
特定ディレクトリや特定条件配下でのみ同一ページ設定が適用できるため、複雑なページ設定にも対応できます。正規表現の書き方については他のサイトなどを参考にしてください。

⑥ 「保存」ボタンをクリックし、編集を終了します。

 

2. 設定済のページ設定が反映されていることを確認する

① 1のページ設定に該当するページにブラウザでアクセスします。

ページ設定内容が適用、反映されていることを確認してください。また、この際ページにshutto翻訳導入タグが入っていることを確認してください。導入タグが入っていないとテキストの自動反映機能が適用されません。

ライター

2010年株式会社イー・エージェンシーにWEBディレクターとして入社。現在は、スマホ変換サービス「shutto」、Webサイト多言語化サービス「shutto翻訳」の企画・開発をしています。

ご利用まではカンタン3ステップ

  • STEP 1

    アカウント登録

  • STEP 2

    翻訳設定

  • STEP 3

    公開

多言語コミュニケーションをもっと簡単に
まずは無料アカウント登録から

shutto翻訳をお客様に提案しませんか?
販売代理店募集中