【新料金改定】コロナ禍でもサイト多言語化をさらに手の届く価格に!

2020年11月12日 | 池内 百音

シェアする

Webサイト翻訳サービス「shutto翻訳」、サービス利用料金を改定!
~サイトの区別なく、コロナ禍でも多言語化をさらに手の届く価格に!

サイト多言語化における料金面での導入ハードルを”さらに”解消!


 

◆本文要旨

株式会社イー・エージェンシー(本社:東京都千代田区、代表取締役:甲斐真樹)は、より多くのWebサイトでご利用いただきやすいよう、2020年11月5日にWebサイト翻訳サービス「shutto翻訳(しゅっと ほんやく)」のサービス利用料金を改定いたしましたのでお知らせいたします。

◆サービス利用料金の改定背景

これまで「静的」「動的」というプラン2種にてご提供しておりましたが、ご検討いただく際の費用面での導入課題を解消し、より多くの皆様へご利用いただきやすい価格とすべく、「サイトの分類」「言語数」による料金体系を廃止し、「ページ数」および「文字数」による従量課金制へと変更となりました。
これにより、コーポレートサイトやECサイトの区別なく、従来高額になっていた動的サイトや大規模サイトなどでコストを大幅に削減でき、【月額6,000円(税抜)/最大10言語】からご利用いただくことが可能(※)です。

※ご契約はドメインごとになります。(サブドメインは別ドメイン扱いとなります。)
※翻訳文字数、辞書登録数、言語数が規定値を超える場合は、別途オプションの追加購入をご検討ください。
※詳細は、下記「サービス利用料金の改定内容」より料金表をご参照ください。

当社で掲げる「おもてなしを科学する」という企業理念に基づき、長引くコロナ禍であってもインターネットをはじめとするIT技術、デジタルネットワーク社会を通した多言語による情報発信のために、貢献できればと考えております。

◆サービス利用料金の改定内容

新サービス利用料金ならびに各種追加オプションにつきましては、以下URLをご参照ください。

▼新サービス利用料金
https://shutto-translation.com/#priceList
▼各種追加オプション
https://shutto-translation.com/hide/option_price/

 

◆Webサイト翻訳サービス「shutto翻訳」とは?

「shutto翻訳」はGoogle翻訳を利用したAIベースの機械翻訳機能や、直感的な操作でカスタマイズ編集ができるGUI等を備えたWebサイトの翻訳・多言語化サービスです。ページに1行のJavaScriptタグを設置するだけで簡単に導入できるため、従来の多言語サイトの開発・運用コストを大幅に削減することができます。料金体系は毎月定額で分かりやすく、お客様からの細かなニーズにも対応しております。

30日間無料トライアル実施中
いますぐサイトを多言語化する

 

本件に関するご質問・お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

ライター

shutto翻訳サポート担当。一意奮闘、サポートならびに開発業務に取り組んでまいります。ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご利用まではカンタン3ステップ

  • STEP 1

    アカウント登録

  • STEP 2

    翻訳設定

  • STEP 3

    公開

30日間無料トライアルで
いますぐあなたのサイトを多言語対応しましょう。

03-4334-9096

受付:10:00〜17:00(土日祝休)