言語切り替え時に中間ページに遷移する機能のご利用方法

2018年6月6日 | 吉田愛理

シェアする

shutto翻訳にご登録いただいているサイトの言語切り替えをする際に、「このウェブサイトは機械翻訳システム使用して翻訳しています。」等の記述をしたページへ遷移させて多言語化したページに遷移させたいときにご活用いただけます。

 

1.中間ページの作成

言語切り替え時に遷移する先のページを用意します。
中間ページにはshutto翻訳導入タグ、および元のページに戻るボタンを設置してください。

※ボタンの例:

 
 

2. 遷移用JavaScriptを記述する

画面遷移を実装したいページで、通常のshutto翻訳導入タグの後に、画面遷移するためのJavaScriptを記述します。

■サンプルコード

1行目 – 通常のshutto翻訳導入タグです。「******」の箇所はお手持ちのアカウントのタグで置き換えてください。
4行目 – 日本語を選択した時は画面遷移しないようにする処理です。
  翻訳元言語が日本語以外の場合は ja を置き換えてください。
  日本語:ja 英語:en 中国語:zh 韓国語:ko
  ※その他の言語はお問い合わせください。
5行目 – /notice.html の部分は作成した中間ページのURLに置き換えてください。

 

 

 

3.サイト上で翻訳およびボタンの動作を確認をする

言語切替バーで言語を切り替えた際に、中間ページに遷移するか確認し、「前のページに戻る」ボタンを押すことで翻訳後のページに遷移するか動作を確認します。

ライター

shutto翻訳のサービスサポート担当。 サポートをする傍ら、企画開発に携わり、shutto翻訳がお客様に使いやすいツールとしてご利用いただけるよう、日々奮闘しています。

ご利用まではカンタン3ステップ

  • STEP 1

    アカウント登録

  • STEP 2

    翻訳設定

  • STEP 3

    公開

いまだけ30日間無料トライアル実施中!
いますぐあなたのサイトを多言語対応しましょう。